アレルギールクリーム
かゆみ、虫さされ、あせも、じんましん、かぶれ、しもやけ、かみそりまけ、湿疹、皮膚炎、ただれ、さされなどに優れた治療効果を発揮する、べとつかないクリームタイプです。
NID ベリー錠
抗ヒスタミン剤主薬のアレルギー用薬。 さらに、グリチルリチン酸二カリウム、ビタミンB2・B6を配合、飲みやすいフィルムコーティング錠です。
レスタミンコーワ糖衣錠
からだの中におこっているアレルギー反応を改善しつつ、じんましん、しっしんなどのアレルギー性疾患を治療します。
フェミニーナミスト
デリケートゾーンのカユミにシュッとすばやく使えます。手が汚れにくい、ノンガスタイプのミストスプレーです。


じんましん

じんましんの薬の種類

じんましんの薬には様々な種類があり、症状によって選ぶポイントがあります。


■じんましんの薬 カプセル剤
医薬品を顆粒や粉末、液状などにして、カプセルに入れた内服薬。
カプセルは厚さや材質などによって、薬が最も効果を上げる場所で溶けるようになっています。

■じんましんの薬 錠剤
薬を圧縮して、一定の形に作った内服薬。トローチなどもこの仲間です。

■じんましんの薬 顆粒剤
薬を粒状にした内服薬です。顆粒の大きさはいろいろあります。

■じんましんの薬 細粒剤
粉薬と言われています。薬を粉末状にした内服薬です。

■じんましんの薬 クリーム剤
クリーム型の外用薬で、しみるなどの副作用が少なく、浸透性と使用感が良い薬です。
すべてのじんましんのタイプにほぼ対応できます。

■じんましんの薬 軟膏
半固形の外用薬です。多少ベタつきがあります。クリームより浸透性はやや落ちますが、刺激が少なく、ひび割れや乾燥、ただれなどに適しています。

■じんましんの薬 液剤
液体の外用薬です。使用感がスッキリしていて、すぐ乾きます。傷になっているじんましんには、しみることもあります。

■じんましんの薬 リニメント剤
液状や泥状の外用薬です。患部にへらなどで伸ばしてつけます

■じんましんの薬 エキス剤
生薬などから浸出された薬効成分が濃縮されて作られています。内服薬と外用薬の両方のタイプがあります。

■じんましんの薬 シロップ剤
のどの通りをよく飲みやすくした内服薬です。白糖の溶液や、その他の糖類、甘味剤が加えてあります。
液状のものはシロップと言い、粒状の物はドライシロップと言います。

■じんましんの薬 ローション剤
さらっとした感触が特徴の薬です。水性液の中に薬を均等に分散させた液剤です。

■じんましんの薬 スプレー
外用薬で、液体を霧状に飛ばします。冷却効果でかゆみを抑えるものなどがあります。


この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5996402
この記事へのトラックバック